ホリスティック医療とは

私達人間も動物たちも、何か体や心に負担がかかり、耐え切れなくなると、お腹が痛くなったり、下痢をしたり、膀胱炎になったり、湿疹が出来たり、症状が現れ病気になります。

猫病気になるには原因が必ずあります。
負担を追い払えないことも問題です。
病気から回復するための力も必要です。

ホリスティック医療とは、病気の原因を見つけ出し、負担を回避する方法を検討し、症状や病因からの回復を助ける手立てを統合的に考える医療です。
すなわち、病気の部分だけを見るのではなく、生命全体(誕生、暮らし、食べもの、体質、性格、旅立ち、魂に至るまで)がケアの対象となるものです。
地球に生まれたすべての生き物は、必ず地球で死を迎えます。この自然の摂理を、それぞれの動物たち、ご家族様の望む、理想の形で迎えてあげることが、最終目標だと思っています。


西洋医療のお薬だけでは、根本的治療が期待できない慢性疾患(皮膚病、胃腸炎、膀胱炎、てんかん、関節疾患、心臓病、腎臓病、肝臓病、メンタル疾患など)をはじめ、悪性腫瘍や腎不全などのターミナルケア(安らかな看取り介護)のお役に立つことも可能です。
 
現代治療の副作用を軽減し、また治療効果を高める効果もあるので、現代治療との併用もお勧めしています。
 
ホリスティックケアの実践は、ただ病気を治すだけのものではなく、飼い主さんも動物たちも、治療者も、心身共に調和のとれた健康を実感できる、楽しい習慣になることでしょう。
ページ最上部へ