シャロン

201402050046_1.jpgトイプードル
10歳
女の子

 かかりつけの動物病院で、膀胱結石と診断されました。5ミリの結石 2個できていて、血尿がありました。
手術や処方食、薬、まずいらしいサプリメントなど薦められていました が、先代の愛犬を薬の副作用で亡くした経験から、
特に慢性的な病気は自然治療を試してみたいーと思っていました。そこ に、「チロとサクラのクリニック」が近所に開院してくださり、
ワラにもすがる気持ちで受診しました。

ホメオパシーの治療を初めてすぐに、5ミリの結石2個、排尿中にでて きたのです。これには、本当にびっくりしました。
喜んで、かかりつけの病院で確認のレントゲンを撮ってもらいました。 
しかし、なんと最初2個と言われていた石が、実は3個あり、おまけに出てきた2個より大きい7ミリから8ミリあるものでした。ま るで、ラスボスです。

喜んだのもつかの間でしたが、ホメオパシーの治療後に結石がでてきた のも、事実。気を取り直して、治療を続けました。
残った最後の石は自然にでてくるには、ちょっと大きすぎます。私の気 持ちとしては、手術で取り出しても、またできる可能性があるなら、石 を持ったままでも、快適な生活ができればいいーと思いました。

まずいサプリメントなどには、体を震わせて抵抗するシャロンで、そん な思いをさせてまで飲ませることに疑問を感じていましたが、「チロと サクラのクリニック」で処方されるホメオパシーのお薬は、何の抵抗も なく、喜んで飲んでくれました。

やがて、排尿時の痛みや頻尿、血尿は徐々に少なくなっていきました。
手作り食とホメオパシーで、結石は少し小さくなりました。でもなく なってはいません。しかし、私が望んだ、石があっても苦痛のない生活 ができればいいーということは実現しています。

 4年ほど経ちました。たまに寒さや散歩が長すぎたりすると、石が動 いて、尿に血が混じることがあります。そんなときでも、教わったホメ オパシーのレメディを、頓服のように飲ませることで、すぐに改善して くれます。
 
ページ最上部へ